• 家族葬の質が高くなっている葬儀業界と葬式仏教

    • 葬儀業界は、医療機関と仏教界との蜜月の関係や暴利を貪り続けて来た悪徳な商法など非常に悪く言われますが、業界の体質改善を行なって来なかった事と永遠に続くのかと思えるほど長い経済不況により、家族葬や直葬など簡素な葬儀が増加し葬儀費用の平均が毎年急激に低下しています。



      葬儀業界自体は、第2次ベビーブームの世代が無くなり始める2040年までは年間死者数が年々増加し、最終的には165万人前後まで増加するとされ非常に有望な市場と受け取られがちですが、葬儀業界に対する不満よりも仏教の本道から逸脱してまで金儲けに走っている葬式仏教から人心が離れ、2040年には約4割の寺院が閉鎖の危機に陥るほど仏教離れが加速しています。



      その為、曲がりなりにも通夜や葬式を行う家族葬よりも簡略化された直葬や0葬が増加すると推測されており、葬儀業界の市場規模は横這いもしくは縮小するとされています。
      しかし、複数の異業種から大手企業が葬儀業界に参入しているので、不明瞭だった葬儀業界の見積もりが明確化され、一切不明だった祭壇のレンタル料や棺の価格などがインターネット上で記載されている上に、大きなトラブルになっていた葬儀後の追加料金を一切無しにしたセットプラン料金を打ち出すなど葬儀業界全体が健全化されています。

      その為、家族葬は従来に比べ非常にリーズナブルな価格になったにも関わらず、質が高く様々な特典がついた葬儀を行う事が出来る様になっています。

      日本経済新聞情報は初心者にも分かりやすいです。

  • 皆が知りたい情報

  • 社会について思うこと

    • 家族葬を行うメリットとは

      少し前までは、誰かが亡くなれば家族や親族以外の人も葬儀に参加することがほとんどでした。会社の人やお世話になった人をはじめとしてご近所の方まで参加することが多かったです。...

  • 驚く情報・社会コラム

    • 最近増加している家族葬

      現在、家族葬で葬儀をあげるケースが増えています。少し前までは亡くなった人の親族はもちろんですが、それ以外にも友人や会社関係の人、そこまで親しくなくても付き合いがあった人は葬儀に参列するのが一般的でした。...

    • 家族葬を希望する人が多い理由とは

      近年では葬儀のプランを選ぶ際、家族葬を希望する人が増えてきています。家族葬を希望する人が増えた最も大きな理由は、葬儀方法が時代に即したものであるからだと言えます。...