TOP > 医療レーザー脱毛の痛みが不安なら麻酔が可能

医療レーザー脱毛の痛みが不安なら麻酔が可能

医療レーザー脱毛はエステサロンよりも効果が高いという事もあって人気の高い脱毛方法なのですが、その一方で痛いのが苦手な人にとっては困った点としてエステサロンで脱毛するよりも痛みが強く出やすいという欠点があります。


レーザー脱毛する際には熱エネルギーを利用しているのですが、その熱が痛みの原因となっているのです。

効果が強いという事はレーザーを照射した際の熱エネルギーが大きいからこそであり、それは同時に痛みも強くするという訳です。

痛みの感じ方には個人差があり、どの部分を脱毛するのかによっても大きく違うために、中には大した事は無いという人もいますが、逆にかなり痛かったという人もいるので痛いのが苦手であるという人にとっては不安なものです。



そこで痛いのが苦手だという人は痛みが少ないエステサロンの光脱毛を選択するという手もあるのですが、しっかりと脱毛したいのであればレーザー脱毛の方が良いです。


痛みを我慢せずにレーザー脱毛を受ける方法として麻酔を用いるという手段があります。

医療機関であるが故に麻酔を扱う事も可能なのです。



ただし、麻酔を用いる場合は別料金が発生して料金に上乗せされてしまいます。
お金が掛かる以上は費用は無視する事が出来ないので、その事を考えるとエステサロンの光脱毛を選択するのも一つの考えとなりますが、費用の面で問題が無いのであれば麻酔を用いてしっかりと脱毛した方がより高い効果を得る事が出来ます。